鎌田哲雄の同友会形成コラム「陶冶(とうや)」

 

鎌田哲雄プロフィール

27歳の時に愛媛県中小企業家同友会設立のため、1985年1月に『車に布団一式』のみで大阪から来県。同年9月14日に愛媛同友会設立後、事務局長に就任、2013年4月から専務理事に就任、現在に至ります。千人以上に及ぶ経営者や企業、そして教育ならびに行政、報道機関などの地域社会と正面から向き合って、30年間愛媛同友会運動と共に歩んできました。

年度 事項
1998年 NHK松山放送局・視聴者会議委員
2000年度
(~2001年度まで)
経済産業省・中小企業総合事業団インターンシップ広域連携プロモーター
2001年度
(~2012年度まで)
松山市教育委員会・教職員研修研究委員会委員
2004年度
(~2005年度まで)
経済産業省・四国経済産業局・四国IT経営応援隊戦略委員
2008年度 愛媛県キャリア・スタート・ウィーク支援会議委員
2011年度
(~2012年度まで)
東温市中小企業振興基本条例検討委員
2012年度 松山市中小企業等実態調査事業意見聴取会員
2012年度 一般社団法人えひめ若年人材育成推進機構理事
2013年度 松山市中小企業振興基本条例検討委員
2015年度 愛媛大学法文学部非常勤講師
2015年度 愛媛大学社会共創学部設置協力会議委員
2016年度 愛媛大学社会共創学部カウンシル(評議会)委員
2016年度 中小企業家同友会全国協議会 事務局次長

 

 

横本恭弘プロフィール

横本社会保険労務士事務所 所長/愛媛同友会 総務担当理事/愛媛県社会保険労務士会 会長
1989年に愛媛同友会に入会。松山支部幹事長、経営労働委員長を歴任し、2006年から総務担当理事。会員からの「就業規則」「賃金規定」等に関する相談にも対応している。
故・鎌田哲雄専務理事とは30年近く切磋琢磨してきた、公私に渡る友人。2004年10月号の「陶冶」連載開始以降、執筆を担当してきた鎌田さんの指名を受け、136号から「陶冶」の執筆をご担当いただきます。


会報誌連載コラム「陶冶(とうや)」について

愛媛同友会会報誌の1ページ下段に連載しているコラム「陶冶」。2004年10月のスタートから、既に100回を超えています。執筆しているのは、スタート当時には事務局長だった、鎌田哲雄・専務理事。スタートの経緯や、コラムに託した想いは、コラム第100号に書かれていますので、ご参照ください。


「陶冶とは、人の性質や能力を円満に育て上げること。人間のもって生まれた素質や能力を理想的な姿にまで形成することをいいます。」(第100号より抜粋)
「陶冶」というタイトルは、事務局に勤務していた丸尾さん(旧姓・松田さん)がつけたものです。


これからも、「陶冶」と、愛媛同友会の「人物形成」にご注目ください。

最新号はこちら

VOL.157 温故知新の不易流行

「温故知新」とは、昔のことを勉強すると今の時代に通用することがわかる、ということ。

「不易流行」も同じような意味です。これは芭蕉が言われたことですが、俳句というのは新しいものを追いかけているけれど、その中の本質的なものは変わらないというほどの意味です。

そこで、まずソクラテスは、紀元前4世紀、今から2千数百年前の哲人ですが、こんなことを言っています。「人間の自然本性は、経験のない事柄の技術を得るほどには強くない」と。

一回読んだだけでは、何を言っているのかわからないのですが、要するに「人間はやったことのないことはできない」という意味です。

ピアノを弾いたことのない子はピアノを弾けないし、野球をやったことのない子に野球ができるわけがないという、当たり前のことを言っています。

これは、今ふうに考えれば、「我々は経験から学習をする」、あるいは、「経験と学習を通じて初めて、個別の人間的能力を発揮できるようになる」ということになるでしょう。

ソクラテスは『経験と学習』の他に、もう一つ、こんなことも言っています。

「少しのことをよく仕上げることの方が、たくさんのことを不十分にしか仕上げないことよりも優れている」。

つまり、何でも屋になっても、結果的には満足のいく状況にはならない。ある問題を徹底的にやることによって、初めて他の人に卓越する能力を獲得する、ということです。

これは、最近の言葉で言えば『選択と集中』です。人生の時間もエネルギーも限られているので、私たちはすべてのことにたくさんの時間をかけることはできません。

ですから、いくつかのことに絞って従事しながら、人生を送ります。

そして、その絞ったものを相当程度突っ込んで行うことによって、初めて他の人から認められるようになります。

いわば、「選択と集中」による専門性の確保が大事である、という教えです。

ソクラテスは今から2千数百年前に、すでにそのように言っています。

バックナンバー


ページの先頭へ戻る