鎌田哲雄の同友会形成コラム「陶冶(とうや)」

 

鎌田哲雄プロフィール

27歳の時に愛媛県中小企業家同友会設立のため、1985年1月に『車に布団一式』のみで大阪から来県。同年9月14日に愛媛同友会設立後、事務局長に就任、2013年4月から専務理事に就任、現在に至ります。千人以上に及ぶ経営者や企業、そして教育ならびに行政、報道機関などの地域社会と正面から向き合って、30年間愛媛同友会運動と共に歩んできました。

年度 事項
1998年 NHK松山放送局・視聴者会議委員
2000年度
(~2001年度まで)
経済産業省・中小企業総合事業団インターンシップ広域連携プロモーター
2001年度
(~2012年度まで)
松山市教育委員会・教職員研修研究委員会委員
2004年度
(~2005年度まで)
経済産業省・四国経済産業局・四国IT経営応援隊戦略委員
2008年度 愛媛県キャリア・スタート・ウィーク支援会議委員
2011年度
(~2012年度まで)
東温市中小企業振興基本条例検討委員
2012年度 松山市中小企業等実態調査事業意見聴取会員
2012年度 一般社団法人えひめ若年人材育成推進機構理事
2013年度 松山市中小企業振興基本条例検討委員
2015年度 愛媛大学法文学部非常勤講師
2015年度 愛媛大学社会共創学部設置協力会議委員
2016年度 愛媛大学社会共創学部カウンシル(評議会)委員
2016年度 中小企業家同友会全国協議会 事務局次長

 

 

横本恭弘プロフィール

横本社会保険労務士事務所 所長/愛媛同友会 総務担当理事/愛媛県社会保険労務士会 会長
1989年に愛媛同友会に入会。松山支部幹事長、経営労働委員長を歴任し、2006年から総務担当理事。会員からの「就業規則」「賃金規定」等に関する相談にも対応している。
故・鎌田哲雄専務理事とは30年近く切磋琢磨してきた、公私に渡る友人。2004年10月号の「陶冶」連載開始以降、執筆を担当してきた鎌田さんの指名を受け、136号から「陶冶」の執筆をご担当いただきます。


会報誌連載コラム「陶冶(とうや)」について

愛媛同友会会報誌の1ページ下段に連載しているコラム「陶冶」。2004年10月のスタートから、既に100回を超えています。執筆しているのは、スタート当時には事務局長だった、鎌田哲雄・専務理事。スタートの経緯や、コラムに託した想いは、コラム第100号に書かれていますので、ご参照ください。


「陶冶とは、人の性質や能力を円満に育て上げること。人間のもって生まれた素質や能力を理想的な姿にまで形成することをいいます。」(第100号より抜粋)
「陶冶」というタイトルは、事務局に勤務していた丸尾さん(旧姓・松田さん)がつけたものです。


これからも、「陶冶」と、愛媛同友会の「人物形成」にご注目ください。

最新号はこちら

VOL.144 中途採用の賃金設計

業種・業界を問わず、市場競争が激化しています。もはや「無色透明の人材を新卒で採用し、長期雇用を前提として我が社の社風に染め上げていく」という雇用ポリシーだけでは、厳しい競争を勝ち抜くための人材戦略として不十分です。

かつては「中途採用の適齢期は30歳前後まで」と考えられていた時代もありましたが、今は40から50歳代の転職もごく当たり前になっています。それだけ人材の獲得競争が激化しており、年齢に関わりなく経験・実績を有する人材を即戦力として採用したいと考える会社が増えているということです。その際悩ましいのは、中途採用者にオファーする賃金水準の設計です。「うちの会社はほとんどが中途採用組」というような会社の場合には、これまでの採用実績を参考に報酬を検討することができます。

しかし、新卒採用がメインで中途採用をサブとする会社では、中途採用者に提示すべき報酬データが必ずしも十分に蓄積されているわけではありません。人の採用を行う際は、外的公平性を確保しただけでは不十分です。

もう一つの公平性、すなわち、内的公平性にも十分な配慮が求められます。これは「社内で同じような経験・実績を有する人材に払っている賃金水準を念頭に置いて採用者の給与を設定すべき」というものです。

内的公平を損なう賃金で採用すると、どうなるだろうか。それが社内の同等社員の賃金よりも低い場合には、入社後、そのことに気づいた当該中途採用社員は「不公平だ」と感じるだろうし、逆に高い場合には、昔から働いている生え抜き社員の側が、「なぜ新参者の彼(彼女)が自分たちよりも高い給料をもらっているんだ!?」と感じ、やる気を失ってしまうかもしれません。

人事労務担当者の頭を悩ませるのは、外的公平性(同等の経験・実績を有する人材の世間一般の賃金相場と比べた場合の公平性)よりも内的公平(同等の経験・実績を有する自社の社員の賃金水準と比べた場合の公平性)のほうではないでしょうか。

バックナンバー


ページの先頭へ戻る